エンタープライズ・ネットワーク対応低密度波長多重)

CWDM(Coarse Wave Division Multiplexing 低密度波長多重)は、複数の波長信号を同じ光ファイバ・ケーブルで伝送することにより、既存の光ファイバ・インフラストラクチャを最大限に活用します。CWDM実装で使用される波長は、国際電気通信連合の勧告ITU G.694.2で定義されています。この勧告では、1270nmから1610nmまで、20nmの波長間隔で18の波長が規定されています。CWDM技術では、1本のデュアル(2芯)ファイバのより線で複数のネットワーク・トポロジへの対応を可能にし、データ・レートを上げて帯域の容量を飛躍的に増やすことができます。これにより、拠点間に新しい光ファイバ・ケーブルを布設する必要なく、新規のカスタマーを追加できます。

シングル(1芯)ファイバでは、1310/1550nmの双方向波長を使用してファイバ容量を2倍にしますが、CWDMでは、これと同じ方法で複数の波長を使用することにより、ファイバ・ネットワークの容量を増やします。各波長は相互に独立してデータを搬送するため、帯域も増加します。これにより、ネットワーク設計者が各ユーザや部署に合わせて、速度(100Mbまたは1ギガ)を混在させたり一致させたりできます。

CWDM技術では、既存のファイバ・インフラストラクチャの容量を増やすことにより、迅速で柔軟な対応が可能になるため、容量が一杯の場所でも新たにファイバを布設する必要がありません。SFP(Small Form Pluggable)トランシーバでは、CWDMネットワークに複数の波長を実装する場合に、柔軟で費用対効果に優れた方法でネットワーク機器を標準化できます。iConverter NID(ネットワーク・インターフェース・デバイス)とSFPを組み合わせることにより、ネットワーク需要の増加に応じて帯域の追加が可能になり、拡張可能なネットワーク・インフラストラクチャを構築できます。

オムニトロンのiConverter NIDには、内蔵型のマネジメント機能が搭載されており、SNMP、IEEE 802.3ah IPレスのマネジメント、およびパフォーマンス監視に対応できます。さらに、SFPトランシーバ、VLAN技術、帯域調整、イーサネット上での音声/データ/映像に対応するQoSの機能も備えています。

iConverter CWDMポイント・ツー・ポイント型トポロジ

Enterprise CWDM

このポイント・ツー・ポイント・アプリケーションは、エンタープライズCWDMファイバ・リンクを示しています。このアプリケーションでは、iConverterメディアコンバータとネットワーク・インターフェース・デバイスを使用して、複数のユーザや部署へのファイバ接続をマネジメントします。

コア・ネットワーク側

サービスプロバイダのネットワーク(図左側の雲の部分)は、既存のUTPコア・スイッチに接続されています。コア・ネットワークのイーサネット・スイッチからのカッパーUTPが、デュアル(2芯)ファイバに変換されます。ファイバ変換は、iConverterネットワークマネジメントモジュール(NMM2)によってアウトバンド・マネジメントされるiConverterメディアコンバータの19モジュール・ラックで行われます。ネットワーク・マネジメント局は、物理的にセキュアなネットワーク・リンクでNMM2に接続されています。ネットワーク全体で使用されるiConverter機器は、オムニトロンのNetOutlookマネジメント・ソフトウェアでマネジメントされ、ファイバ・リンクのトラブルシューティング、リモート構成、パフォーマンス監視が可能です。

コア・ネットワーク側のiConverterメディアコンバータ・モジュールには、SFP (Small Form Pluggable)トランシーバが搭載されており、各ユーザまたは部署に専用に割り当てられた波長が各モジュールから伝送されます。各メディアコンバータ・モジュールからは、デュアル(2芯)ファイバ・リンクがサードパーティのODAM(Optical Add/Drop Mux 光分岐挿入多重化装置)に接続されます。OADMでは、CWDMポイント・ツー・ポイントのデュアル(2芯)ファイバ・リンクに対して、適切な光波長チャネルの挿入と分離を行います。

ネットワーク端末側

CWDMリンクのリモート端末側では、別のOADMによって各波長が分離され、ファイバ・アクセス・リンクを各カスタマーに分岐します。各波長は、帯域容量(100Mbまたは1ギガ)単位で個別にマネジメントされるネットワーク接続になります。

ネットワーク端末側の建物AおよびB

建物Aでは、λ 1 1550nmの100Mbpsデュアル(2芯)ファイバ・リンクが、セルフ-マネジメント型iConverter 10/100M2モジュールに接続されています。このモジュールには、SNMPまたはIPレスの統合マネジメント機能が搭載されており、iConverter 2モジュール・シャーシに取り付けられています。データはシャーシのイーサネット・バックプレーンを通って、iConverter 4Tx VT 4ポート・コンパクト・スイッチ・モジュールに送られます。このモジュールには10/100カッパー・ポートが搭載されており、このポートから複数のワークステーションや部署のスイッチに接続されます。

λ 2 1590nmの100Mbpsデュアル(2芯)ファイバ・リンクは、SFPトランシーバを搭載したスタンドアロンのiConverter 10/100M2 NIDに接続されています。このNIDでファイバからカッパーに変換され、各部署のスイッチへの接続がマネジメントされます。

建物Bでは、λ 3 1610nmのギガビット・ファイバ・リンクが、SFPトランシーバを搭載したスタンドアロンのiConverter GX/TM2 NIDに接続されています。このNIDでファイバからカッパーに変換され、各部署のスイッチへのギガビット接続がマネジメントされます。

まとめ

iConverterメディアコンバータとNIDにより、光リンクの総合マネジメントと障害検知を使用した、柔軟なポイント・ツー・ポイントのCDWMシステムが実現します。エンドポイント間で帯域がさらに必要になった場合でも、必要に応じて新しいCWDM波長を追加することが可能です。各場所で必要となる波長と帯域には、SFPを搭載したNIDを使用して対応できます。

iConverter CWDMリング型トポロジ

Enterprise CWDM Ring

このマルチポイント・ツー・マルチポイント・アプリケーションは、エンタープライズCWDMリングを示しています。このアプリケーションでは、iConverterメディアコンバータとネットワーク・インターフェース・デバイスを使用して、複数のユーザや部署へのファイバ接続をマネジメントします。

コア・ネットワーク側

前述のポイント・ツー・ポイント・アプリケーションと同様、サービスプロバイダのネットワーク(図左側の雲の部分)は、既存のUTPコア・スイッチに接続されています。コア・ネットワークのイーサネット・スイッチからのカッパーUTPが、デュアル(2芯)ファイバに変換されます。ファイバ変換は、iConverterネットワークマネジメントモジュール(NMM2)によってアウトバンド・マネジメントされるiConverterメディアコンバータの19モジュール・ラックで行われます。ネットワーク・マネジメント局は、物理的にセキュアなネットワーク・リンクでNMM2に接続されています。ネットワーク全体で使用されるiConverter機器は、オムニトロンのNetOutlookマネジメント・ソフトウェアでマネジメントされ、ファイバ・リンクのトラブルシューティング、リモート構成、パフォーマンス監視が可能です。

コア・ネットワーク側のiConverterメディアコンバータ・モジュールには、SFP(Small Form Pluggable)トランシーバが搭載されており、各ユーザまたは部署に専用に割り当てられた波長が各モジュールから伝送されます。各メディアコンバータ・モジュールからは、デュアル(2芯)ファイバ・リンクがODAM(Optical Add/Drop Mux 光分岐多重化装置)に接続されます。OADMでは、CWDMデュアル(2芯)ファイバ・リングに対して、適切な光波長チャネルの挿入と分離を行います。

ネットワーク端末側の建物A~C

左下の建物Aでは、OADMによってλ 1 1550nmの波長がCWDMリングから分離され、100Mbpsデュアル(2芯)ファイバ・リンクが分岐されます。λ 1 リンクは、SFPトランシーバを搭載したセルフ-マネジメント型iConverterスタンドアロン10/100M2 NIDに接続されています。このNIDでファイバからカッパーに変換され、各部署のスイッチへの接続がマネジメントされます。

建物Bでは、OADMによってλ 2 1570の波長がCWDMリングから分離され、100Mbpsのデュアル(2芯)ファイバ・リンクが分岐されます。このリンクは、iConverter 2モジュール・シャーシに取り付けられたセルフ-マネジメント型iConverter 10/100M2モジュールに接続されます。データはシャーシのイーサネット・バックプレーンを通って、iConverter 4Tx VT 4ポート・コンパクト・スイッチ・モジュールに送られます。このモジュールには10/100カッパー・ポートが搭載されており、このポートから各部署に展開されます。この構成は、ワークステーションまたは各部署のスイッチに接続するスイッチ(ファイバからカッパー)として機能します。

建物Cでは、OADMによってλ 3 1590およびλ 4 1610のギガビット・ファイバ・リンクが分岐され、スタンドアロンのiConverter GX/TM2 NIDに接続されます。NIDでは、各部署のスイッチへのギガビット接続がマネジメントされます。

まとめ

このアプリケーションでは、コア・ネットワーク側でiConverterセルフ-マネジメント型メディアコンバータ、ネットワーク端末側の建物でSFPトランシーバを搭載したiConverter NIDを利用することにより、光リンクの総合的なマネジメントとトラブルシューティングを使用したキャリアクラスのCWDMリング・システムが実現します。各場所で必要となる個別の波長と帯域には、SFPが使用されます。CWDMリングに新しい波長を挿入することにより、新しいリンクを追加できます。新しい場所で使用される波長を分離するためのOADMをCWDMファイバ・リングに追加することにより、新しいOADMアクセスポイント(POP)を追加することもできます。各カスタマーで必要となる個別の波長と帯域には、SFPが使用されます。エンドポイント間で帯域がさらに必要になった場合でも、SFPを使用して、新しいCWDM波長を追加して実装することが可能です。この方式では、ネットワーク機器の標準化が可能です。選択した波長に応じてSFPを追加するだけで済むため、全体の機器コストを軽減できます。

Ask a Question

(*) Required field

1000 characters left