エンタープライズおよびキャンパス・ネットワーク対応のファイバ接続

オムニトロンのメディアコンバータでは、エンタープライズLANとWANネットワークで、カッパーとファイバのシームレスな統合が可能です。オムニトロンのマネジメント型/非マネジメント型ファイバ変換製品は、多様なプロトコル、データ・レート、メディア・タイプに対応し、費用対効果に優れた信頼性の高いネットワークを構築できます。モジュール設計と柔軟な構成により、コア・ネットワークに対応した高密度のシャーシと、ネットワーク端末に対応したコンパクトなシャーシやスタンドアロンのモジュールによる拡張可能なファイバ実装が可能です。

サポートするエンタープライズ・ネットワーク

  • 政府および軍事機関ネットワーク
  • 学校および大学キャンパス・ネットワーク
  • 病院および医療ネットワーク
  • 製造および小売ネットワーク
  • 輸送ネットワーク

メディアコンバータのネットワーク・アプリケーション

  • UTPからファイバの変換によるネットワーク距離の延長
  • FTTD(Fiber-to-the-Desktop)接続
  • ファイバ・ネットワーク・リンクの延長および中継
  • シングルモードからマルチモード、
    シングル(1芯)ファイバからデュアル(2芯)ファイバへの接続
  • CWDMによる既存ファイバの容量の増強
  • リンクの冗長化による保護

 

エンタープライズ・アプリケーション例

以下のアプリケーション例は、さまざまなメトロ・イーサネット・ネットワーク・トポロジにおける、iConverterメディアコンバータとネットワーク・インターフェース・デバイスによるファーストマイル光接続について示しています。画像をクリックすると、詳細情報が表示されます。

Metro Access Star Topology

キャンパス・スター型トポロジ

キャンパス・リング型トポロジ

 

Metro Access Star Topology

CWDMポイント・ツー・ポイント

CWDMリング型トポロジ

 

Metro Access Star Topology

高層建築物

輸送用高信頼性リング型トポリジ

FTTD(Fiber-to-the-Desktop)

 

次世代ネットワーク対応のiConverterファイバ接続

Fiber Media Converter

IPで音声や映像を伝送するV2IP(Video and Voice over IP)やサーバー・ベースのアプリケーションにより、エンタープライズ・ネットワークの帯域需要が高まっています。セキュリティの問題や、VLAN技術、ネットワーク・マネジメントなど、ネットワーク管理者が直面する問題はますます複雑になっています。キャンパス・ネットワークでの物理メディアの距離や帯域の問題は、光ファイバ接続により解決できますが、UTPベースのネットワーク機器への接続や、次世代サービスにどう対応するかという問題が残ります。

このように進化し続けるエンタープライズ・ネットワークには、iConverterメディアコンバータとNID(ネットワーク・インターフェース・デバイス)が提供する高度な機能とマネジメント機能で対応できます。

  • イーサネット上でのリアルタイムの音声/映像のIEEE 802.1p QoS(Quality of Service)優先度付け
  • IEEE 802.1Q Tag VLAN技術
  • ポート単位の帯域調整によるアップストリームおよびダウンストリームの帯域調整
  • ポート構成のメンテナンス中のポートアクセスを無効化して、ポートの再有効化を容易にするポートアクセス制御
  • 二重モード、データ・レート、休止機能を調整して、インストールと構成を容易にするオート・ネゴシエーション
  • 総合的なリンク障害検知モードによる、ネットワーク・リンクの迅速なトラブルシューティング

iConverterの高度な機能およびマネジメント機能の技術概要

iConverter機器に対応したオムニトロンのSNMPベースのマネジメント・ソフトウェアNetOutlookでは、総合マネジメント・ツールとトラブルシューティング・ツールにより、リモートでのハードウェア構成とユーザ指定のネットワーク・イベントのトラップ通知が可能になり、ネットワーク保守を効率化して運用コストを軽減できます。

NetOutlookスクリーン・ショット

Ask a Question

(*) Required field

1000 characters left