マネジメント型メディアコンバータ、ネットワーク・インターフェイス・デバイス

iConverterキャリアクラス・メディアコンバータとNID(ネットワーク・インターフェース・デバイス)は、メトロポリタン・ネットワークとエンタープライズLANネットワークに対応するイーサネット・ファーストマイル・ファイバ・アクセスを実現します。iConverterは、センター局(CO)/コア・ネットワークからインテリジェントNIDへ接続する高密度のマネジメント型ファイバ・リンクとして使用され、インテリジェントNIDにより、カスタマー構内/ネットワーク端末側のカッパーやファイバのポートまでのセキュアなサービス境界が可能になります。

media converter

サポート技術:

  • 10、100、10/100イーサネット
  • 10/100/1000ギガビット・イーサネット
  • T1 E1、T3 DS3 E3
  • OC3 STM-1およびOC12 STM-4
  • シリアルRS-232、RS-422/485

モジュール・タイプ:

  • NID(ネットワーク・インターフェイス・デバイス)
  • カッパーUTPから光ファイバ
  • ファイバからファイバ
  • 同軸(Coax)からファイバ
  • 冗長化ファイバとカッパー
  • 4ポートのカッパー・スイッチ

iConverterメディアコンバータは、マネジメント型としても非マネジメント型としても使用できます。マネジメント型として使用する場合、iConverterマネジメント・システムにより、ネットワーク状態のリモート監視、ハードウェア・パラメータの設定、統計レポートの生成、さまざまなユーザ指定トラップの受信を行うことができます。iConverter NIDのマネジメント機能には、802.3ahのOAM(運用、管理、メンテナンス)およびセキュアIPレスのマネジメントのサポートが含まれています。

iConverterが提供するファイバ接続は、通常のスイッチの何分の1かのコストで高度なサービスをサポートします。結果的に、このコストは、その価値を実際に実現するシステムの初期コストというだけでなく、毎年、毎月発生する、装置の運用および保守コストでもあります。iConverterマネジメント・システムは、広範なリモート・プロビジョニングと迅速なトラップ通知機能によって出張サービスを最小限に抑え、支出を削減します。

次世代イーサネット・サービスをサポートするには、iConverterメディアコンバータをお選びください。NIDモジュールでは、以下のような高度な機能をサポートしています。

  • 組み込みSNMP、セキュアIPレスおよび802.3ahマネジメント
  • 802.3ah OAMリンクの監視とトラブルシューティング
  • Q-in-QによるVLANスイッチ技術
  • CWDM技術搭載のSFP(Small Form Pluggable)トランシーバ
  • リアルタイムの音声/データ/ビデオのQoS(Quality of Service)優先度付け
  • パフォーマンス監視用光学的およびポート統計
  • 柔軟なセキュリティと構成を目的とするポートVLANおよびポートアクセス制御
  • 帯域調整(レート制限)

iConverterのモジュール別サポート機能の一覧(PFD)を表示するには、ここをクリックしてください。

フレキシブルで拡張が容易なiConverterのモジュールは、ホットスワップに対応し、19、5、2、1モジュール用電源付きシャーシにマウント可能です。iConverterのモジュールとシャーシは、標準的な商用温度範囲である-0~50℃を超えた、-40~60℃の広い温度範囲をサポートします。

-40~75℃の温度範囲でモジュールを使用する場合は、弊社までお問い合わせください。

Ask a Question

(*) Required field

1000 characters left