(ネットワーク・インターフェイス・デバイス)

iConverterNID(ネットワーク・インターフェース・デバイス)構成オプション

すべてのiConverter NIDモジュールは、スタンドアロン・モジュールおよびシャーシのプラグイン・モジュールとして利用できます。

  • SFP to SFP, or 10/100/1000 UTP to 1000BASE-X, SFP, or redundant SFPs. Multi-service NID with end-to-end IEEE 802.3ah and 802.1ag performance monitoring
  • 10/100/1000 Tx UTP to 1000X Fiber VLAN Ethernet Media Converter and Network Interface Device with Integrated Management and Enhanced Features
  • 10/100Tx UTP to 100Fx Fiber VLAN Ethernet Media Converter and Network Interface Device with Integrated Management and Enhanced Features
  • 1000X to 1000X Fiber VLAN Switch, Ethernet Fiber Converter and Network Interface Device with Integrated Management and Enhanced Features
  • 100Base-Fx to 100Base-Fx Fiber VLAN Switch, Ethernet Fiber Converter and Network Interface Device with Integrated Management and Enhanced Features

 

スタンドアロンNID

Standalone Network Interface DeviceiConverterスタンドアロンNIDでは、サービスプロバイダのファイバ・リンクとカスタマーのUTP機器の間でセキュアにマネジメントされた接続が可能です。カッパーからファイバ、ファイバからファイバの多様なモデルがあり、100および1000Mbpsのファイバ接続をサポートします。

 

マルチモジュールNID

プラグイン・モジュールにより、柔軟なシャーシ構成が可能になり、複数ポートや複数カスタマーのイーサネット境界に対応できます。iConverter NIDのモジュール化アーキテクチャにより、サービスプロバイダによるカスタマーの要望への対応が可能になり、固定構成の境界デバイスに比べて機器コストを抑えることができます。

Multi-port Network Interface Device1+5モジュール(ファイバからUTP)、4ポートUTPスイッチ・モジュール

iConverter 10/100M2および4TxVTモジュールは、2モジュール・シャーシに取り付けられます。各モジュールは、シャーシのイーサネット・バックプレーンでデータを共有します。この構成は、100Mbpsファイバ・アップリンク・ポート(1つ)とカスタマー用の10/100Mbps UTPポート(5つ)です。

バックプレーン接続についてさらに詳しく

 

Multi-port Network Interface Device2+4モジュール(ファイバからファイバ)、4ポートUTPスイッチ・モジュール

iConverter 2FXM2および4TxVTモジュールは、2モジュール・シャーシに取り付けられます。各モジュールは、シャーシのイーサネット・バックプレーンでデータを共有します。この構成は、100Mbpsファイバ・アップリンク・ポート(1つ)、カスタマー用の10/100Mbps UTPポート(4つ)、およびカスタマー用の100Mbpsファイバ・ポート(1つ)です。この構成は、ファイバ・アップリンク・ポート(1つ)、ファイバ・ダウンリンク・ポート(1つ)、カスタマー用UTPポート(4つ)のファイバ・リングの境界ノードとしても機能できます。

 

Multi-port Network Interface Device1モジュール電源冗長化シャーシ(オプションのUTPポートを2つ搭載)に取り付けられる1+3モジュール(ファイバからUTP)

iConverter 10/100M2は、1モジュール電源冗長化シャーシに取り付けられます。モジュールは、シャーシのバックプレーンでシャーシのUTPポートに接続されます。この構成は、100Mbpsファイバ・アップリンク・ポート(1つ)とカスタマー用の10/100Mbps UTPポート(3つ)です。このシャーシは、UTPポート経由のPoE(Power over Ethernet)にも対応しています。

 

Multi-port Network Interface Device1モジュール電源冗長化シャーシ(オプションのUTPポートを2つ搭載)に取り付けられる2+2モジュール(ファイバからファイバ)

iConverter 2FXM2は、1モジュール電源冗長化シャーシに取り付けられます。モジュールは、シャーシのバックプレーンでシャーシのUTPポートに接続されます。この構成は、100Mbpsファイバ・アップリンク・ポート(1つ)、カスタマー用の10/100Mbps UTPポート(2つ)、およびカスタマー用の100Mbpsファイバ・ポート(1つ)です。この構成は、ファイバ・アップリンク・ポート(1つ)、ファイバ・ダウンリンク・ポート(1つ)、カスタマー用UTPポート(2つ)のファイバ・リングの境界ノードとしても機能できます。このシャーシは、UTPポート経由のPoE(Power over Ethernet)にも対応しています。

 

iConverter Network Interface Devices (NIDs) and IEEE 802.3ah OAM

IEEE 802.3ah標準の中核機能

  • 検出機能により、準拠デバイスでの802.3ah機能のオート・ネゴシエーションが可能
  • しきい値通知によるループバックと障害検知により、重大なリンク障害の可能性がある場合に警告をすぐに通知
  • イーサネット・ファーストマイルに対応した広域の光リンク・パフォーマンス監視
  • 光パフォーマンス統計情報(MIBデータ)の収集とレポート
  • 802.3ahベンダー拡張により、UNI境界のアクセス機器をリモートでIPレスのマネジメント

802.3ah OAMを使用したNIDの利点

  • 802.3ah OAM障害検知、診断およびプロビジョニング機能により、トラックロールの回数を削減して、ファーストマイルの運用コストを軽減
  • リンクおよび光パフォーマンスの監視により、SLAの提供と監視が可能
  • プロビジョニングにより、段階的サービスの提供が可能
  • 802.3ah NIDにより、運用担当者ネットワークとカスタマー・ネットワーク間の責任範囲の境界を明確に区別
  • IPレスのOAMマネジメントにより、運用担当者のネットワークへの攻撃を防御

802.3ah OAMのホワイト・ペーパーを読む

Ask a Question

(*) Required field

1000 characters left